地獄少女 二籠1話「闇の中の少女」

画像

来ました、帰って来ましたよ、地獄少女が。

とはいえ自分は前作を見たのが最近なので、あまり懐かしいとかは感じないのですが。
前作で謎だった部分も二籠で明かされそうなので楽しみです。

前作と同じく第1話は学校でのいじめの話ですか…。
私はこんなひどいいじめは見たことないのですが、あるところにはあるんでしょうね。嫌な気分です。
うげげ、毛虫、毛虫ですよ。こんなんやられたら恐ろしいですよ。
ぬあー!こんな可愛い娘をいじめるのはどこのドイツだー!許せませーん!

神代先生は麻紀に優しく接しますが…実はこの先生が犯人だというのがわかってしまいます。
そして麻紀は地獄通信にアクセスを…。

うわわ、あいちゃん、逆さまで登場でありますか。コワいって。
あれ?二籠では輪入道ではなく骨女が藁人形になるんですか。
輪入道も前作でさんざんヒドイ目にあわされましたからねえ。もう懲り懲りってことでしょうか。
てことは今度は骨女があんなことやら、こんなことになるわけですね。それは楽しみです。

次の日、登校すると麻紀の靴箱に大量の毛虫が。ヒィィィィー!気持ち悪いよー。
麻紀は神代先生によって理科室に連れ込まれてしまいます。
このアホ先生は面白いからという理由で麻紀をいじめていた変態教師でした。
変態はいぬかみだけで十分ですよー!

「恨み聞き届けたり…」
このセリフでおしおきタイム、スタートです。
やはりこの時間は滑稽で笑えますね。

なぜこの変態教師が麻紀をターゲットにしたかはわかりませんでした。その辺の説明もほしかったですが…。
麻紀は先生が犯人だと教えてくれた中瀬さんと友達になったようですけど…あのホチキスは…
うえー、ヤな終わり方です。

EDは前作と同じく能登さんでした。
この透き通るような歌声、好きですね。

一瞬出てきた謎の少女、一体何者!?
地獄少女のライバルとか?

画像

また、色っぽい登場の仕方です。


CM 地獄少女とケロン星人の絵も見ていって~。



地獄少女 2007年カレンダー