パンプキン・シザーズ2話「戦災復興部隊」

画像

アリス「オヤジ、このバナナを一本くれ!」
店のオヤジ「へい、毎度!」

…などというやりとりは本編にはありません。

今回はイカレ貴族に天誅を下すお話。
憐れマー君は前回のあま噛みで、伍長から上等伝令兵に降格されてしまったようです。
ってなんで犬に階級があるんじゃ~!?

ステッキン曹長とオレルド准尉は、初めて部下ができて嬉しそう。
それにしてもオーランドの履歴書?に貼る写真、ちゃんと服着替えさせてから撮れよ。
あんなボロ服の写真じゃ可哀想だって。

熱血アリスはウォルキンス子爵の屋敷に堂々と乗り込む。
このイカレ貴族はゲームと称し、領民を戦車で殺しているとんでもない奴でした。
アリスは自分の部隊を馬鹿にされ、怒りとともに剣をテーブルに突き刺す。
しかし、オーランドは顔はキリッとしているものの猫背のままだから締まらないのであった…。

「そうだ、どう生まれたかじゃない…大事なのはどう生きるかだ」
そう呟きオーランドはブルーランタンに灯を灯す。
オーランドの出生の秘密に何があるのか?そう考えさせられるセリフです。

「次弾を…早く次弾を、奴が来る!」
ジダンといえば…そう、あの見事な頭突き。

今回も戦車の砲撃に怯むことなく前進するオーランド。
保身なきゼロ距離射撃で戦車を撃破!
しかし直後に出っ張りに乗り上げ車体は横転。
「死なせん!」とオーランドを受け止めようとする熱血アリス。
おいおい、そんな無茶したらおまえが死ぬって…
アリスを庇いケガをするオーランド。
ひょっとしてアリスの余計な手出しが無ければケガせずに済んだかも…?

ああ、こんなこと書いてるけどアリスが嫌いなわけではないですよ。むしろ好きです。
あの無鉄砲で正義オタクなところが。
ん?誰かに似てるかも…

さて、あのアホ子爵はあのあとどうなったんでしょうか?お咎めなし?

「遠くを見るな、前を見ろ。そこにはちゃんとあるんだ。戦う意味が」
毎回いいセリフが聞けそうです。

次回、アリスの様子がおかしくなるらしい…
なるほど、作画がおかしくなってる。
これがGONZOクォリティーか…










スレイヤーズ / the BEST of SLAYERS〔from TV&RADIO〕
スレイヤーズ / the BEST of SLAYERS〔from TV&RADIO〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0