地獄少女 二籠24話「連鎖」

画像

ラブリーヒルズで頻発する地獄流し。負の感情が渦巻き過ぎだぜ、この町は。

しかしこうも乱発されると最早笑いしか起きん…。
あの女学生3人組は仲良さそうに見えたんですがね~。

一方、あいの家に入った蛍は襖を開けて婆さんとご対面~。
蛍はそこで一体何を目撃した?ここは未だに謎に包まれてるから気になりますな。

「死んだ後に地獄に逝くのは仕方ありません…でも生きてる間は、今なら悪魔の子のせいにできますし」
それがここの住民達の考えか。
悪魔の子の仕業などと警察が本気で信じる訳もない…のですが警察内部でも地獄流しが。
これは同僚がやったと見ていいのか…どこまで腐ってるんだ…。

「いいじゃねえか、依頼が沢山来りゃあ、それだけ早くお嬢の役目も終わる」
お疲れの三藁。
恨みを流し罪を償えばあいは地獄へと下る。その時が近づいているのか?



画像

飯合刑事が図書館で借りた地獄通信関連の書籍の中に、柴田一の書いた本「真実の地獄少女」が…!
一はこんな物を書き残していたんですね、これが彼にできるささやかな贖罪か…。
そして飯合の前に現れるつぐみ。
「その本を残したかったから…。残して伝えたかったの…」
つぐみの口ぶりからすると一はもうこの世にいない?もうつぐみをひとりぼっちにしないと約束したはずなのに…どうなったんでしょうか。



画像

真実にたどり着いた飯合だがすでに地獄紋を持っている露木にボコられた~!?
ってか、仮にも刑事なんだからあんなオッサンに簡単にやられるなよ…。
妹の蛍はその目で依頼の一部始終を目撃。きくりに押されて入った壷の中には、地獄流しをした人達の蝋燭が大量に。
「無い、無い、名前が無い。あの子、悪魔の子なんかじゃないんだわ!」
あの中から探したのか~、それは無理だろww今までの依頼者、全員分があるとしたらどれだけの数があるのやら。

あいによって現世に戻って来られた蛍。
良かった~無事に帰って来られたね、これで安心。
…って全然安心じゃね~!予告を見ると住民達に追っかけられる事になる模様。
拓真、蛍、とにかく逃げて~!

骨女が驚くターゲットとは…まさか拓真?
つぐみはこの状況を救う救世主となるのか?さーて…。

↓宜しければポチッと
画像

地獄少女 二籠 箱ノ三
地獄少女 二籠 箱ノ三 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0